エクステリアの株式会社創苑(愛媛県松山市)

愛媛県松山市のエクステリア・外構・お庭の工事は創苑にお任せ下さい。

このページのトップへ
ホーム » 創園のイチオシ » 家族が笑顔になるお庭 » 親孝行なエクステリア「スロープ」のご提案

親孝行なエクステリア「スロープ」のご提案

こんな親孝行はいかがですか?

階段はお年を召した方にとって大きなバリアとなっている可能性が高いです。
また、いつ車椅子の必要性が生じるかもわかりません。
エクステリアの階段をスロープにするリフォームは素敵な親孝行になります。
後に詳しくご説明いたしますが、介護用リフォームには介護保険が適用されますので負担も軽減できます。
施工事例M様邸はこちらから
施工事例N様邸はこちらから


こんなことに気を付けて設計しています


ClipboardImage
敷地の状況にもよりますが、スロープの幅は余裕をもって120cm以上取るようにプランニングしています。表面は車椅子がスムーズに走行できるようにコンクリート打ちのプランが多いです。 車椅子でスロープを登れなければ意味がありませんので緩やかな勾配で設計します。バリアフリー新法にもあるように、1/12以下の勾配に設定しています。
ClipboardImage


スロープの両端には段差が発生します。この段差から車椅子が転落してしまっては大変危険ですので、車輪止めの塀は20cm以上で高めに設置するようにしています。

 

見栄えにもこだわりたい時は・・・

スロープをおしゃれに演出したい場合は、車輪止め塀を化粧ブロックやレンガにするとよいでしょう。
ClipboardImage


「押す」ことがメインのスロープの場合


車椅子などを押して動かす目的がメインのスロープの場合、押す人の利便性や安全性を考え、床面を滑りにくい材質にします。
滑りにくいタイプのタイルや、表面がざらざらとしている洗出し仕上げなど、まわりのデザインとも調和した様々なご提案が可能です。


ClipboardImage
ClipboardImage


耳より!介護用リフォームには介護保険が適用されます


ClipboardImage
介護保険適用について・・・

介護保険が適用される住宅改修の種類
要介護度に関係なく20万円までが限度額となっており、20万円を上限として住宅改修費の支給申請をすることができ、そのうち9割(最大18万円)が保険で給付されます。
介護保険が適用される住宅改修は、下記の6種類です。

1.手すりの取付け(トイレ・浴室・洗面所・外溝)
2.床段差の解消(居間・玄関・廊下)
3.滑りの防止及び移動の円滑等のための床または通路面の材料の変更
4.引戸等への扉の取替え
5.洋式便器等への便器取替え
6.その他 全各号の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

「スロープリフォームで素敵な親孝行」
ご興味がありましたら
お気軽にお問合せください


ホーム » 創園のイチオシ » 家族が笑顔になるお庭 » 親孝行なエクステリア「スロープ」のご提案